GNT-αの効果の秘密は配合されたとある成分にあり!

GNT-αがペニス増大に効果ありと言われる理由は、他の増大サプリには配合されていないある成分にあります。

 

勃起のメカニズム、それに関係するペニス増大の過程、その「ある成分」について紹介します。

 

 

何故ペニスは起つのか?勃起のメカニズム

 

そもそも、どうやってペニスが勃起しているのかご存知でしょうか?ペニスの増大を考えるにあたっては割と重要な事です。

 

簡単に言えば、性的興奮を脳が感知しペニスに血が集まり、その血が維持されている状態が勃起と呼ばれます。

 

つまり、ペニスに流れ込む血液の許容量を大きくし、かつそこに十分な血液が送り込まれればペニスは大きくなるということになります。

 

普通のペニス増大サプリにも後者の効果を持つものは多くありますが、前者の効果を持つのはGNT-αだけであり、それを成してくれるのが序文で出てきたある成分、「α-GPC」です。

 

 

ペニス増大のカギとなる成分「α-GPC」

 

α-GPCは上記の「ペニスに流れ込む血液の許容量を大きくする」という点で有効に働きます。

 

許容量の増加には男性ホルモンと成長ホルモンが深く関わっており、α-GPCはこの二つの分泌を促進してくれます。

 

男性ホルモンと成長ホルモンは体内で普通に生成されるものですが、加齢と共に分泌量が減少します。

 

他の増大サプリではこれらを補うことができないので、高齢でのペニス増大は現実的ではありませんが、GNT-αに限り何歳からでもペニス増大を目指すことは可能です。

 

 

もちろん血行促進効果を持つ成分も配合されています

 

GNT-αにはα-GPCだけでなく、血行促進効果のある成分も含まれています。

 

※血行促進に役立つ成分

Lシトルリン、Lアルギニン、すっぽん、ブラックジンジャー、マカ末、サソリ末

 

これらの成分は割とありふれており、増大サプリの成分としてはよく見かけます。他の増大サプリでも血行促進効果が得られると書いた理由がこれです。

 

ありふれたものが悪いという意味ではなく、多くの製品に採用されているということは、それだけ効果的なものとも言えると私は考えます。

 

この中で特に効果的なものはアルギニンとシトルリンでしょう。

 

アルギニンとシトルリンは体内で互い違い(アルギニンはシトルリンに、シトルリンはアルギニン)に変化し、その際にできる一酸化窒素によって血管が広がり、血流を良くしてくれます

 

こう聞くとどちらか一方を摂取すればいいと思う人もいるかもしれませんが、二つを同時に摂取することにより効果が大きくなります。

 

探してもらえばわかるかと思いますが、どちらか一方のみが配合されているサプリはありません。

 

 

効果で増大サプリを選ぶならGNT-αがおすすめ

 

効果を重視するのであれば、ペニス増大サプリに標準搭載されている血行促進効果に加え、ホルモン分泌の手助けをしてくれるα-GPCを配合しているGNT-αがやはりおすすめです。

 

α-GPCのおかげで年齢を問わないというのも魅力です。使用者の中には60代で現役バリバリの人もいるみたいです。

 

使用者の感想、口コミはこちらから。

 

「もう年だし・・・。」と諦めかけている人も一度試してみてはいかがでしょう。毎月先着500名限定なので、気になる人は早めに確認してみてください。

 

 

▲先着500名限定販売▲

トップへ戻る